真似したいリアルクローズがいっぱい!ファッション目線の映画【マイインターン】

主役以外もおしゃれ!お手本になるコーディネイトが満載!

簡単なあらすじ

ジュールス…アン・ハサウェイ  ベン…ロバートデニーロ

主人公ジュールスは、夫に娘と家庭を任せながら、アパレルの通販会社を大きく成長させ、CEO(最高経営責任者)として活躍している。誰もが認める地位とアパレルの華やかな世界に身を置くジュールス。仕事も家庭も順調にいっていると思えたのだが、あまりにも激務のために厳しい選択を迫られた時、彼女はシニアのインターンとしてベンを自分のアシスタントに配属することになった。40歳も歳の離れたベンを最初はうっとおしいとさえ思うのだが、紳士的なふるまいと豊富な経験、そして誰よりもジュールスの立場と今の仕事への才能を見抜き理解していたベンに自分をさらけ出すことが出来るようになっていく。ジュールスはベンの力を借りながら、この大きな人生の岐路をどう進んでいくのか。

感想

お気に入りの女優アン・ハサウェイの映画【マイインターン】とってもよかったです!アン・ハサウェイの泣き顔はいつも可愛くて大好きですが、今回もストーリーもほろっと泣かせてくれました。

また、ゴットファーザーでも有名な名優ロバートデニーローが素敵でした!!設定では長く務めた仕事を辞めて第二の人生を歩むために再就職先としてアン・ハサウェイが運営する会社を選び彼女と出会うのですが、彼の人柄、紳士的な振る舞い、上質な趣味とクラシックなファッションがそこで働く若い世代の従業員たちにも、だんだんと惹かれ、浸透していくのが心地よいのでした。やっぱりファッションって、流行ったり、廃れたりしますが、自分が納得して大事にしているものは支持されるんだなぁと、しみじみ思うのです。

今回はストーリーがアパレルのことなので、脇役の方含めてみなさんおしゃれでした。でもこれまた私のお気に入りの【プラダを着た悪魔】のようなハイブランドを着こなす世界ではなくて、普段の生活や仕事に密着した着こなしが中心です。観ていても身近に感じられて、やってみたいなぁ、やっぱりあの着こなしはいいよねと共感することも出来てリラックスして楽しめました。

アン・ハサウェイの見どころコーディネイト

①ほどよい幅広パンツのコーディネイト…今年もガウチョが流行っていますが、丈感が短すぎず、ちょうどよい大人のパンツの履き方です。



②カットソーやニットのカジュアルアイテムの着こなしが素敵です。一枚でさらっと着ているのが真似したくてたまりません(笑)


③シャツカラーの着こなし…顔周りの表情が明るく、カジュアルなシャツの素材感を格上げしてくれますね。


④インパクトのあるワンピースの色使い。色は派手でもデザインがシンプルならオフィスで取り入れられそうです。



⑤ジャケットの使い方…カジュアルなコーディネイトにジャケットをプラスするとビジネス対応できますね。



⑥きれいめコートの使い方で個性を出す。コートは防寒だけでなく、魅せるアウターなんだと痛感。

まだまだこの作品も、何回か観ると、普段の着こなしのヒント、仕事着のバリエーションのヒントがたくさん見つけられそうですね。


日本ブログ村
日本ブログ村
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加