映像美とリアルクローズを楽しむ・映画【アバウトタイム 愛おしい時間について】

愛おしい存在、誠実な恋に魅了されるのです。

メアリー…レイチェル・マクアダムス  ティム…ドーナル・グリーソン

簡単なあらすじ

父親から一族の男たちにはタイムトラベルの能力があることを知らされた主人公ティムは、気弱な性格をその力を借りて払拭し、意中の女性メアリーの気持ちを引こうと奮闘する。夢がかない思い通りに人生を変更できると思った時もあったが、いつしかティムは何が一番大切なのか、愛おしい家族、友人たちとの普段の生活を通して気づいていく。

最初は、タイムトラベル能力があると聞くと、ああー現実離れしてる映画ねと思ってしまうのです。しかし中盤からは、私たちの普段の生活の中で起こりえる普通のことが淡々と描かれ、その普通のことがどんなに大切で、幸せを感じられることに感謝しなければいけないということに気づく気持ちの変化に観る側もどんどんと引き込まれていくのでした。

ファッション目線で観た感想

topic-cinema8-1参照 映画 アバウトタイム 愛おしい時間について

きれいめなワンピースに、カジュアルなスポーティテイストのカーディガンをはおる、このシーンは好きな方多いかもしれませんが、私も大好きです。このミックスの仕方はワンピースの域を大きく変えるものだと思いました。こんな着かたをメアリーのような20代の若い世代だけではなくて、どの年代でも楽しめるようになりたいものです。

普通なのに、どれも可愛いのはなぜなんだろう

topic-cinema8-3参照 映画 アバウトタイム 愛おしい時間について

色なのか、絶妙なゆとり感なのか、その両方を普通にやってのけるメアリーの着こなし。

ティムのメンズファッションも必見です。

topic-cinema8-5参照 映画 アバウトタイム 愛おしい時間について

この映画は映像もとてもきれいです。主人公やその家族と友人たちとそのバックヤードの色の対比が美しい。このワンピースの色も後ろのキッチンのカラーが惹き立ててくれますね。おうちで着るワンピースは家事をすることも考えると、ついつい無難な色を選びがちなのですが、明るい色目は気分までハッピーにしてくれそうです。

topic-cinema8-2参照 映画 アバウトタイム 愛おしい時間について

通勤着も素敵なメアリー。ちょっとしっかりめのカットソー素材ならきれいめに着れるし、着心地満点で、きちっと感が出て重宝します。最近はセットアップも人気ですね。合わせて着れば通勤着、単品で着てカジュアルに。

観る洋服はほんとにシンプルなものばかりでした。でもどれもほんとにおしゃれでした。自分の選んでる洋服、大丈夫かしらとか、雑誌のようにおしゃれに着こなせられない、なんてちょっと迷った時にも観てみてください。あーいつものコーディネイトで大丈夫、あとは笑顔かしらって思うんです♪

日本ブログ村
日本ブログ村
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加