ワンピース 選び方のポイント

本当はワンピースが一番簡単におしゃれが出来る!!!

いろんなデザインがありすぎて選ぶのに困ってしまうけど、婦人服の中でも、一番簡単におしゃれが出来るワンピース。

しかし、ワンピースを敬遠される方も多くなってきました。

スカート同様に足元に悩んでしまうと。

ワンピースは足元が難しいと決めつけずに気軽に取り入れていきましょう。

ワンピースの足元はパンプスだけじゃない!

dress-7

ワンピースにはパンプスだけでなく、ローファーやバレエシューズなどのヒールの低い靴を合わせても素敵です。またデザインにもよりますが、ブーツを合わせるとカジュアルでぐっと着やすくなります。

dress-10

ショートブーツはどんなデザインも合わせてしまう魔法の靴。

dress-11

そして、大流行のスニーカーとのコーディネイトでスポーティに!

多彩なパンスト、タイツを合わせよう!

シューズ編でも述べますが、ストッキングを履いてヒールのある靴をはく場合、つま先に足全体がずれてくるような時がある時は、滑り止めのついたストッキングを履くとだいぶ解消されますよ♪

dress-4快適な足元は、その時のおしゃれがとっても好印象、またワンピースっていいなぁという気持ちになりますね。反対に靴が合わなくて足元が疲れると、この服は、疲れるからもう着るのはやめとこうという結果にもなってしまいます。

ワンピースのカラーの1色を取り入れたカラータイツ

素足や、ヌード色のストッキングをはいて足を出すのは苦手という方は、カラータイツはいかがでしょうか?

カジュアルで今シーズン流行りの70年代の着こなしが出来ます。またワンピースのカラーの1色を取り入れることによって、縦長効果も出てきます。黒のタイツで合わせてもいいのですが、カラータイツもおすすめです。

レーシーなタイツもおすすめ

レーシーっていうとエレガンスなイメージですが、無地だけではなく、プリント柄のワンピースにもおしゃれです。レース素材のタイツはその素材が滑り止めにもなりますので、足にも優しいのです。

着丈をカバー出来るスパッツ

ワンピースの着丈がもう少し欲しいなぁ、という時は、膝下丈のスパッツを履いてみてもいいですね。着用イメージはカジュアルになります。

ワンピースは好きなデザインを選ぶ!

ファッション雑誌で見つけたデザイン、映画のワンシーンなど、ワンピースは自分が着たいデザインを選んでみてください。そして見つけたら出来るだけ試着してみてくださいね。

dress-14

dress-15

dress-8

ぐっと着やすくなる、はおりものを揃えておく。

dress-5

体温調節も出来る便利アイテム、ジャケット、カーディガン、ボレロ、ジレ、ストールなどをコーディネイトしておきましょう。

デザインがちょっと派手だなと思った時にも、はおりものがあると少し抑え目な印象になり、着て行く場所や雰囲気に合わせることもできます。

P1060468-2

ノースリーブのワンピースにカーディガン、肩から掛けるだけでもカッコいいです。

ボレロならフェミニンに、ジャケットだとビジネスや公共の場に着る時にもきちんと感が出せます。

人気ブログランキングに参加しています♪
日本ブログ村
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加