プリーツスカートを履きこなす

この秋冬のスカートのおしゃれ、プリーツスカートは今だけ?

今年の秋冬もプリーツスカートが人気です。プリーツのスカートの人気は昨年から出ていて今年の春夏と続いて秋冬へ。

もしかしたら、プリーツスカートはもう持ってる方も多いのではないでしょうか?

今、トレンドになってはいますが、トレンドが他のデザインへ移っても、ずっと使えるデザインなので、気になるな、履いてみたいなぁという方は持っておいても安心です。

プリーツスカートの履き方、心配する方多いのですが・・・

プリーツスカートは、ヒップ回りのボリュームが多くなって、お尻が大きく見えることがあるから心配、という方もいるのですが、流れるようなデザイン、体を縦に細く魅せるデザインなので、ちょっとしたコーディネイトのポイントをつかんでおけば大丈夫。

ただ、スカート丈に関しては、気を付けていきましょう。膝上丈は、トップスと靴とのバランスが大事です。全体のバランスをよく見て選んでいきましょう。

大人女子におすすめは膝下からの長さのものです。カジュアルにも、上品に着こなしていけると思います。

トップスは短め、スカート丈を長く見せる。

トップスをウエストからヒップにかかるぐらいまでの短丈にして、プリーツスカートを合わせる。目線が、スカートではなく、トップスにいくようになるので、上に上がって、軽く、スタイルアップして見えます。

トップス軽く、スカート長くですね。

トップスをインせずに、オーバー(裾を外に出す着かた)で着ると、ウエスト回りがゴワゴワせず、ボリュームも抑えられます。

トップスを長めにプリーツスカートとひとつの縦ラインを作るようにする

トップスは長めにして、プリーツスカートの上に覆うようにして、縦ラインを作ると、ほっそりと見え、プリーツの流れをさらに華奢にすることが出来ます。

スカートのイメージが広がりを抑えられて、華奢なイメージになるので、足元は逆にスニーカーや、ショートブーツでボーイッシュにしても、カジュアルダウンしていい感じです。

アウターはざっくりと大きめニットや、トレーナー、または、ジャンパー、MA-1と合わしても、トレンドを少し取り入れたコーディネイトにもなって楽しいですね。

もっとプリーツスカートのヒップ回りのボリュームを抑えたい時は、トップスの色目をブラックなどの濃いめにしたり、またはヒップが深く隠れるぐらいの丈長めのトップスを選んで合わせてみてください。

ひとつのスカートで合わせるトップスを短め、長めと変えることによって、イメージも変わり、コーディネイトの幅も広がります。ちょっとしたポイントですが、覚えておいていただくと、プリーツスカート、結構楽しめる定番アイテムになると思います。

人気ブログランキングに参加しています♪
日本ブログ村
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加