スカートをもっと履きたい、楽しいスカートのコーディネイトは?

スカート持ってるけど、コーディネイトに悩んでしまう

この春夏、ロングスカートはほんとに人気です。いろんなショップで見かけるようになりました。

トップスはタイトにまとめると、スカートのボリュームを抑え、バランスもすっきりときれいですね。


しかし、お客さまとスカート談義をしていると、よく聞かれるのが、おしゃれすぎ?パンツの方が履きやすいし動きやすい。トップスと合わせるコーディネイトがワンパターンになってしまうなどの内容。
そして、スカートはフェミン寄りでカジュアルでないから、遠のいてしまうというのが多く聞かれます。

今年はロングスカートだけでなく、いろんなデザインのスカートが出てきています。
ロングスカートは無理だわと思わずに、スカート丈も気にせずにどんどんといろんなデザインの好きなタイプを履きたですね。

カジュアルに、遊びを入れてスカートを楽しむ


海外のおしゃれなスナップ写真を見ていると、スカートってカジュアルにコーディネイトしたら、もっともっと遊べるなぁと思います。
そのためにも、スカートのいろんなカジュアルなコーディネイトを見てみましょう。


スカートのトップスをカジュアルに合わす。春夏はブラウス、シャツだけでなく、カットソー、サマーニットとトップスがいろんな素材を合わせることができますね。


トップスにプリントやロゴT、この合わせ方もフェミニンなスカートのイメージを一挙にカジュアルダウンします。


ウエスト周りは、インしたり、ショート丈を合わせたりして、スッキリと見せることが出来ます。


大きくて華やかな柄のスカートにトップスをコンパクトにまとめる。


今年はきれいな色目のスカートもたくさん出ていて、気になるところです。


プリント柄や華やかなカラーの時、ボリュームのあるギャザースカートの時のトップスをコンパクトに合わせる、これ使えます。

スカートはウエスト周りをスッキリさせてみる


スカートをもっとカジュアルに楽しみたいんだけどコーディネイトに悩んでしまうという時は、スカート丈が短くても、長くても、トップスはコンパクトにまとめる、ウエストを見せる、ウエスト周りをすっきと見せる。
そして、スカートは元々フェミニンなイメージがあるので、トップスはスカートのフェミニンさを抑えるためにカジュアルなものを合わせてみる。

足元もスニーカーを合わせるともっとパンツと同じように軽快に!


とっておきの時に着ようと出番待ちのスカートもおうちにあるかもしれません。新作を買う前に、まずは今、持っているスカートを着て楽しんでみましょう。

日本ブログ村
日本ブログ村
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加