お葬式の服装

事前に準備しておくと安心

突然の訃報を聞いて慌てないように、事前に準備できていると安心ですね。

小物はセットにして収納しておくと便利です。

  • 仮通夜は突然の訃報を聞き、急ぎ駆けつけるという状況なので、地味な平服で大丈夫です。

  • 通夜はブラックフォーマルか、紺・グレーなどの地味な色のスーツ、ワンピース。黒無地のブラウス・スカートでも可。ストッキングは黒または肌色。

  • 葬儀、告別式は基本的にブラックフォーマル。黒のワンピースやアンサンブル、スーツ。夏でも、出来るだけ肌を露出しない、五分丈ぐらいの袖があるデザイン。
    ストッキングは黒、バックと靴は光沢のない黒を選びましょう。寒い時期のご焼香場所が屋外テントなどの場合は足元が冷えますので、厚手のタイツが重宝します、携帯しておいてもいいでしょう。

※選ぶ時のポイントはスカートの長さ膝が隠れていることを確認してください。

会場では長時間座ったりすることも多いので、膝が見えない丈で、タイトシルエットより、少し広がったフレアタイプの方が動きやすく、シワにもなりにくく安心です。

最近は黒で金属ボタンなど付いていないパンツスーツでの出席も多くなりました。冬場の場合は受付を任せられたり、ご焼香場所が屋外テントなどの場合は寒さ対策にもいいかと思います。実際私もパンツスーツの方が、立ったり座ったり、お茶出しなど雑用が多い時は助かりましたが、しかし、パンツスーツは正式とは認めない場合もあるそうですので、事前に確認した方が安心です。

  • アクセサリーを付ける時は、一連のパールのネックレス。
  • 急いで駆けつけた時に付けていた普段のアクセサリーは、外してバックなどに入れておくといいですね。
  • コートは、革や毛皮は殺生をイメージさせることから極力避け、黒、紺、グレーなどの地味な色のものを。会場に入ったら脱ぎますが、ご焼香場所が屋外テントなどの場合はご焼香の時のみに脱ぎましょう。
  • ショルダーバックタイプは、会場では肩からはずして抱えて持つと、カジュアルさが抑えられます。

一通り揃えておくと、いつ何時のことでも落ち着いて対処でき、会場に安心して迎えますね。

日本ブログ村
日本ブログ村
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加