2016年トレンドのチョーカーを自分で作ってみよう!

顔の表情を明るく引き締めてくれるチョーカーは手放せない!

普段使いのチョーカーとの出会い

だいぶ昔の話になりますが、以前仕事でフランスのクリニャンクールで、アンティークのアクセサリー雑貨の買い付けに行った時、買い付け先のオーナーの奥さまに挨拶をした時のことです。無地の丸首のカットソーに、小さなビジューが付いたチョーカーを付けていたのを見て目が釘付けになってしまったんです。かっこいい!シンプルなのになんて存在感があるんだろうと。もっとゴージャスな服装を予想していたのでなおさらだったのかもしれません。

それから私も彼女を見習って普段にチョーカーをするようになりました。チョーカーと言えば、以前はロックとか、映画「レオン」のマチルダみたいな可愛いイメージがありますが、今年は特にチョーカーが注目され、トップモデルも普段使いしていて、大人女子のトレンドアクセにもなっています。

handmade1-10

オリジナルチョーカーを作ってみましょう!

そんな今年トレンドのチョーカー、いろんな雑貨屋さん、アパレルショップでもいろんな素材やデザインが並んでいますね。

お気に入りのアクセサリーになったら、自分で作ってみるのも楽しいですよ。オリジナルの一品が作れて、しかも簡単で、材料費もそんなには高くないのです。

用意するもの

◎ひも留めとアジャスター

今回は手芸材料のお店ユザワヤさんでセットになったもの190円(税抜き)くらい

handmade1-2

◎丸カン たくさん入っていて1パック100円前後 使い慣れるまでは少し大きめが扱い易いかもしれません。
handmade1-12

◎お好きなチャーム 今回はスワロフスキー。価格は小さいので数百円でいろいろあります♪

handmade1-1

◎お好みのリボン(今回はベルベットリボン)40㎝くらい用意して作る時に長さを調整。

handmade1-4

◎ラジオペンチや目打ち(穴を開けれるもの)など・・・

handmade1-13

作り方

① お好みの長さにカットしたリボンにひも留めとアジャスターを付ける。アジャスターで長さを調整できるので、自分の首回りより少し短めでカット。

handmade1-5

リボンの先にそれぞれラジオペンチなどを使って、ひも留めを挟みきっちり閉じます。

今回はセットになっているものを使いましたが、単品では画像のようにひも留め→丸カン→カニカン、もう一方はひも留め→丸カン→アジャスターを取り付けます。

②リボンの中央の少し下目に目打ちなどを使って穴を開け、丸カンを通し、続いてチャームを通して閉じます。出来上がり!

handmade1-15

handmade1-8

ちょっとポイント!

丸カンは開いている部分を前後に開き、閉じる時も前後に動かしきちっと閉じましょう。

handmade1-7

左右に開くとちきんと閉じず形がゆがんだりするので気をつけましょう。

handmade1-9

今回はベルベットのリボンを使いましたが、レースのリボンを使ったり、レザーのリボンを使ってもいいですね!チャームもいろんなお好きなものが取り付けられます。大切にしていたペンダントトップ、イヤリング、ピアスを付けても素敵ですよ。オリジナルの作品が出来上がります。

handmade1-14

handmade1-17

チョーカーはほんとに顔映りがよくなるので、たぶん長年使っていくアクセサリーになりそうです。個人的にほんとに大好きなので、これから時々いろんなチョーカーご紹介していきたいと思っています。

人気ブログランキングに参加しています♪
日本ブログ村
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加