セリアのシューズパッドを使えば、パンプスがもっと好きになる!

パンプス履きたいけど、なかなかジャストサイズの靴に出会えない、ならば自分でジャストサイズにしてみる!

カジュアルな装い時でも、ヒールを履いて足首を出して抜け感を出すと、大人のカジュアル感が出てきますね。これからの季節はそんな足元のおしゃれも楽しみです。

しかし、ヒールのある靴は、サイズが合わないと足も痛くなるし、長時間歩くのは疲れます。右左の大きさも違う場合があるので、片方はジャストサイズなのに、もう片方は大きかったりします。

今回はサイズが少し大きすぎて、かかとが脱げ易い、パカパカする、つま先の方に滑ってしまいすぐに足の指が圧迫されて痛くなる。そんなそれぞれの状態の時に、とっても便利なセリアのシューズパッドのシリーズがあるんです。

shoes2-2

かかとがピタッと合っていないので、歩く時に脱げそうで歩きづらい時

shoes2-9

かかとだけが少し開いている、でもこの開きがパカパカするというときは↑のかかとに張るタイプがあります。全体的にかなり大きい場合は中敷きを入れる。またはつま先部分だけの中敷きを入れるのもいいですね

shoes2-11

微妙な開きの時に便利なのが、このポイントパッドです。またこれは、足の一部がきつくあたって痛い時などにもその部分をカバーする側に張ると痛みが和らぐんです。新しい靴の履き始めにかかとが痛くなった時、痛くなりそうだなと思った時にも貼ってみてもいいですね。

shoes2-6

このシリーズは透明なので、目立ちにくいのもありがたいです。

つま先にずれて足指が圧迫されて痛い時

ヒールのある靴を履いた時に、足がつま先の方にずれていき、指先が圧迫されていくとかなり疲れてきます。

shoes2-15

安定している時は、かかとに重心がのっているいるので、長時間履いていても足指が圧迫されず足の疲労も格段に少ないです。足全体で歩いている、そんな感じですね。

shoes2-12

このつま先へずれるのを防ぐのに役立つのが、土踏まずサポートパッドです。

shoes2-7

これは優れものなんです!

shoes2-5

土踏まずの部分に貼ると、そこで足が下にずれるのを抑えてくれるんですね。ストッパーのような役目を果たしてくれます。かかとは安定する、そして足指は圧迫されない。そして土踏まずを触るので、疲れにくい。貼る位置は個人の足のサイズによって異なります。

以前、私は薄いスポンジを土踏まずの部分の中敷きの下に入れたりしながら履いていたのでこれを見つけた時は、これだ!ととっても嬉しかったのを覚えています。

他にもヒールが細い場合時などには、かかとにかかる衝撃が強いのでそれを軽減するために、

shoes2-8

このヒールパッドも便利です。

shoes2-4

つま先へずれるのも軽減してくれます。そしてかかとの衝撃も抑えられて疲れにくくなります。

足の形は個人によってそれぞれ全く違うので、効果がある場合とない場合とあると思います。価格も100円(税抜き)と試しやすいので、大好きなパンプスがサイズが合わなくてもう履かない!とか思わずに、便利なシューズパッドを使って、少しでも快適なパンプスに直してあげるもいいですよね♪

人気ブログランキングに参加しています♪
日本ブログ村
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加